ibマッピング

ドロシーは
自然治癒力学校
ibマッピングインストラクターです



ibマッピングを通じて、自分を知り
自分と、地球と、宇宙と呼吸をあわせる
コミニュケーション方法をお伝えしています



ibマッピングとは、、、
自然治癒力学校理事長おのころ心平が、
22年間23,000件以上の
カウンセリング現場で積み上げてきた
傾聴の方法、共感の手法をすべて
積み込んだコミュニケーションツールです。



アイビー(ツタのように広がる)
I be…I am(私はここにいる
そのままの存在)
i=行き当たり b=バッチリ、
という3つの意味が込められています。



コミュニケーションの一つでもある、
言葉にフォーカスするibマッピングでは
紙とペンを挟んで、質問に答えていくことで、
価値観、思考パターン、また、その人が
使う言葉に込めた意味や意図が見えてきます。



会話の中で大きな役割を果たしている
言葉をツタのように紙の上に広げていくと
より深いコミュニケーションがとれ、
お互いを理解することで人間関係を
豊かにしてくれます。



つまり、紙とエンピツがあれば、
いつでもどこでも誰とでもできる
最強のココロ整理術なのです。